1. NHKカルチャートップ >
  2. 札幌教室 >
  3. 講座検索結果一覧
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

札幌教室の講座を探す他の教室の講座も検索する

  • 残席状況は変動しますので、申し込み時には異なる場合があります。
  • ほとんどの講座は入会が必要です。
  • 新規 新しく始まる講座
  • 夜間 18時以降に始まる講座
  • 電話・窓口 電話か窓口にてお問い合わせください。

14講座中 1〜14件目を表示しています。

ラテン語の名句で親しむ古代ローマ文化

  • 新規
講師
北海道大学大学院文学研究科准教授 近藤 智彦
京都大学大学院文学研究科博士 川本 愛
カテゴリー
古代ローマについてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか。政治家、将軍、皇帝たちを主人公とする、戦争と陰謀の物語かもしれません。他方で、古代ローマ人たちは多くのすぐれた詩や哲学書を残し、彼らの文化はその後の西洋において、また西洋の文化を取り入れた日本において...
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/23〜2018/03/19
曜日・日時 第3月曜 13:00〜14:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

「易」と「陰陽五行」 
〜『春秋左氏伝』のなかの易占例(続)〜

講師
北海道大学大学院文学研究科教授 近藤 浩之
『易』の古代(春秋時代)の筮占例として、『春秋左氏伝』のなかから六つの筮占記事を選んで読解し、その占い方を分析します。それらは、ある意味で、今の『易』の筮法や占い方のお手本になるものです。
取り上げる六つの記事の内容は、
1<敵国に嫁す・伯姫>
2<...
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/28〜2018/03/24
曜日・日時 第4土曜 13:30〜15:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

『枕草子』を読む

講師
北海道大学大学院文学研究科教授 後藤 康文
カテゴリー
『源氏物語』と双璧をなす平安朝最盛期の文学遺産、それが『枕草子』です。
本講座では、その中から主として日記的章段や随想的章段を取り上げ、作者清少納言の思想や感性はもとより、中宮定子を中心とする当時の宮廷世界のありさまに分け入ってみたいと考えています。
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/02〜2018/03/19
曜日・日時 第1・3月曜 10:30〜12:00 
回数11回
途中受講できます

詳細を見る

源氏物語への招待 薄雲〜胡蝶

  • 新規
講師
NHK文化センター講師 畠山 瑞樹
カテゴリー
およそ一回の講義に一巻を取り上げるペースで、源氏物語五十四帖(桐壺巻から夢浮橋巻まで)を駆け足で読んでいきます。一回の講義では、まず、その巻のあらすじや人物関係や鑑賞の要点などを説明し、その後、その巻の名場面を原文で読み、詳しく解説していきます。数々の美し...
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/30〜2018/03/26
曜日・日時 第4月曜 10:30〜12:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

カテゴリー
朱雀院女三宮の婿に源氏が決まった。そのことは方々に大きな影響を与えて…。
独立して楽しめる巻ですので、はじめての方もどうぞご参加ください。テキストは講師が準備します。

【内容予定】
■女三宮の婿の決定
■紫上の悲しみ
■源氏四十の賀
■新婚
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/03〜2018/03/20
曜日・日時 第1・3火曜 14:45〜16:15 
回数13回
途中受講できます

詳細を見る

漢詩・漢文の楽しみ 古都をめぐる歴史と文学<洛陽編>

講師
藤女子大学文学部教授 名畑 嘉則 
カテゴリー
中国史の舞台となった古都を取り上げ、そこに織り成された歴史と文学を紐解いてゆきます。今回は、わが国でも京都の異称として親しまれる、新石器時代以来の黄河文明の中心地に栄えた古都、洛陽を取り上げます。東周・後漢・西晋・北魏の首都として様々な歴史事件の舞台となっ...
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/23〜2018/03/26
曜日・日時 第2・4月曜 10:30〜12:00 
回数11回
途中受講できます

詳細を見る

朗読教室(水)

  • のこりわずか
講師
元NHK札幌放送劇団 松井 信子
美しく力強い表現力をもつ日本語の音韻を正しく理解し、豊かに表現する力を身につけます。名作などの朗読実習を通して音声表現の基礎的な知識と技術を習得し、文学に対するセンスを磨きます。NHKラジオ「北の本棚」の朗読を担当した講師が、豊富な経験を生かして個別指導も...
教室名札幌教室
残 席のこりわずか
開催期間2017/10/04〜2017/12/27
曜日・日時 毎週水曜 14:45〜16:15 
回数13回
途中受講できます

詳細を見る

朗読教室(木)15:30

講師
元NHK札幌放送劇団 松井 信子
美しく力強い表現力をもつ日本語の音韻を正しく理解し、豊かに表現する力を身につけます。名作などの朗読実習を通して音声表現の基礎的な知識と技術を習得し、文学に対するセンスを磨きます。NHKラジオ「北の本棚」の朗読を担当した講師が、豊富な経験を生かして個別指導も...
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/05〜2017/12/21
曜日・日時 毎週木曜 15:30〜17:00 
回数11回
途中受講できます

詳細を見る

朗読教室(木)17:30

講師
元NHK札幌放送劇団 松井 信子
美しく力強い表現力をもつ日本語の音韻を正しく理解し、豊かに表現する力を身につけます。名作などの朗読実習を通して音声表現の基礎的な知識と技術を習得し、文学に対するセンスを磨きます。NHKラジオ「北の本棚」の朗読を担当した講師が、豊富な経験を生かして個別指導も...
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/05〜2017/12/21
曜日・日時 毎週木曜 17:30〜19:00 
回数11回
途中受講できます

詳細を見る

朗読教室(木)19:20

  • 夜間
講師
元NHK札幌放送劇団 松井 信子
美しく力強い表現力をもつ日本語の音韻を正しく理解し、豊かに表現する力を身につけます。名作などの朗読実習を通して音声表現の基礎的な知識と技術を習得し、文学に対するセンスを磨きます。NHKラジオ「北の本棚」の朗読を担当した講師が、豊富な経験を生かして個別指導も...
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/05〜2017/12/21
曜日・日時 毎週木曜 19:20〜20:50 
回数11回
途中受講できます

詳細を見る

朗読教室(金)

講師
元NHK札幌放送劇団 松井 信子
美しく力強い表現力をもつ日本語の音韻を正しく理解し、豊かに表現する力を身につけます。名作などの朗読実習を通して音声表現の基礎的な知識と技術を習得し、文学に対するセンスを磨きます。NHKラジオ「北の本棚」の朗読を担当した講師が、豊富な経験を生かして個別指導も...
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/06〜2017/12/22
曜日・日時 毎週金曜 14:45〜16:15 
回数11回
途中受講できます

詳細を見る

和茶を愉しむ暮らし 
〜日本茶で憩いのひととき〜

講師
NPO法人日本茶インストラクター協会認定日本茶インストラクター 平野 知恵子
日本の食文化を豊かにしてくれる日本茶です。お茶は、古くは禅の僧侶により中国からもたらされた歴史があり、昔から心と体の緊張をほぐしてくれる薬効の一服でした。日本茶は健康効果も高く、丁寧に淹れたお茶は至福の味わい。お茶請けとともに和の心でゆったりとお茶時間を楽...
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/23〜2017/12/25
曜日・日時 第4月曜 15:00〜16:30 
回数3回
途中受講できます

詳細を見る

彩りの書 
〜創作書道入門〜

講師
書道花 白井 水奈子
黒い墨色だけではなく、綺麗な色の墨で好きな文字や言葉を自由に書いて・・・自分だけの「書」を楽しんで作ってみませんか。書道経験がない、字には自信がない、という方も、きっと味のある作品に仕上がります。1回の講座で作品をひとつ制作します。
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/11〜2017/12/27
曜日・日時 第2・4水曜 10:30〜12:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

ロシア文学 中級講読 
〜ドストエフスキー『罪と罰』を読む〜

講師
北海道高等教育研究所研究員 飯田 梅子
カテゴリー
ドストエフスキーの『罪と罰』の重要な場面を抜粋で読みます。
詳しい注釈を添えた教材を使用しますので、初級文法を終えた方であれば、どなたでもご参加いただけます。
教室名札幌教室
残 席あります
開催期間2017/10/14〜2018/03/24
曜日・日時 第2・4土曜 11:20〜12:30 
回数11回
途中受講できます

詳細を見る

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。