1. NHKカルチャートップ >
  2. 神戸教室
  3. > コミュニケーション > 朗読・読み聞かせ > 長谷川勝彦の朗読ゼミナール
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

長谷川勝彦の朗読ゼミナール

講師
元NHKエグゼクティブアナウンサー 長谷川 勝彦

文学作品をテキストに、作品を味わいながら、朗読の実践を学びます。
テキスト(作品の文章)が<どう書かれているか><どう音声で表現するか>を徹底追及し、朗読の筋力トレーニングとなるワークショップ(実地訓練の場)を目指します。
【カリキュラム】
●句読点と息(呼吸)、間(休止)
●副詞の働き、接続詞の働き
●概念の複合体ということ(修飾句+名詞の語句)
●文章の構造に目を注ごう(段落、改行の働き・段落を小分け)
●小説の文章(説明と実況)
●講師による実際の朗読
※実際に読んで頂くテキストは、各期ごとに変わりますので、引き続いて受講して頂けます。

  • 講師 長谷川勝彦先生

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名神戸教室残 席
開催期間4/4〜9/5曜日・日時第1水曜 13:00〜15:00
回 数6回途中受講できます
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 26,956円

日程

×2018/04/04(水)
×2018/05/30(水)
×2018/06/06(水)
×2018/07/04(水)
2018/08/08(水)
2018/09/05(水)

【講師紹介】(はせがわ・かつひこ)1941年東京生まれ。早稲田大卒。元NHKアナウンサー。東京アナウンス室以外では徳島、京都、鳥取、山口、長崎で勤務。定年後フリーとして活躍。NHKスペシャルなどのナレーションでH21年放送文化基金賞受賞。「朗読集団 表現工房」主宰。28年NHKBSで放送された「寅さん 何考えていたの」で(エンターテイメント部門放送文化基金大賞)渥美清の俳句を朗読。著書に『メディアの日本語』と『ワークブック 朗読の根源的考察と実践的考察』。歴史ドキュメントのDVDや「司馬遼太郎と城を歩く」全8巻、「新生歌舞伎座」などでもナレーションを聞くことができる。

持ち物

筆記用具、
資料代(コピー白黒1枚10円)小銭をご用意ください。

備考

■カメラ・ビデオによる撮影・録音・録画はご遠慮ください。
■10月期優先継続期間:8/1(水)〜8/17(金)予定

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。

最近チェックした講座

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。