1. NHKカルチャートップ >
  2. 千葉教室 >
  3. 講座検索結果一覧
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

千葉教室の講座を探す他の教室の講座も検索する

  • 残席状況は変動しますので、申し込み時には異なる場合があります。
  • ほとんどの講座は入会が必要です。
  • 新規 新しく始まる講座
  • 夜間 18時以降に始まる講座
  • 電話・窓口 電話か窓口にてお問い合わせください。

13講座中 1〜13件目を表示しています。

カテゴリー
グリム兄弟の生まれた町ハーナウから「ブレーメンの音楽隊」で知られたブレーメンまで約600キロのメルヘン街道。そこには、グリム兄弟やグリム童話にまつわる町や古くからの言い伝えを今に残す美しい町がたくさんあります。また、ドイツには、メルヘン街道とは趣を異にした...
教室名千葉教室
残 席あります
開催期間2018/10/23〜2019/03/26
曜日・日時 第4火曜 13:30〜15:00
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

120分で読み解く「源氏物語」
〜光源氏の誕生から須磨の巻まで〜

  • 新規
講師
國學院大學講師・文学博士 堤 康夫
全五十四帖の源氏物語のうち、第一帖「桐壷の巻」から第十二帖「須磨の巻」までの物語と見どころをお話しします。光源氏の誕生から青春時代、華麗な恋の遍歴に、源氏にとって大きな転機となる「明石の巻」…
源氏物語にご興味のある方、1月から第十三帖「明石の巻」が始ま...
教室名千葉教室
残 席あります
開催期間2019/01/21
曜日・日時 第3月曜 13:00〜15:00 
回数1回
途中受講できません

詳細を見る

現代語訳で読む「法華経」

講師
仏教思想研究家 植木雅俊
カテゴリー
「法華経」は、鳩摩羅什訳が名訳であったことから漢訳されたものが読まれてきました。この講座ではサンスクリット語を直接現代語に訳したものを読み込み、信仰・思想にふれていきます。
教室名千葉教室
残 席あります
開催期間2019/01/10〜2019/03/28
曜日・日時 第2・4・5木曜 10:30〜12:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

須賀敦子訳で読む『ある家族の会話』

講師
元慶應義塾大学教授 白崎容子
カテゴリー
『ある家族の会話』は、イタリア人作家ナタリア・ギンズブルグの代表作とされる自伝的小説です。ファシズム政権のもと、トリノで暮らすユダヤ系インテリ家庭の日常、反ファシズム活動のリーダーであった夫レオーネとの劇的な別れ、そして作家パヴェ―ゼを含む出版社仲間との交...
教室名千葉教室
残 席あります
開催期間2018/10/03〜2019/02/06
曜日・日時 第1・5水曜 13:00〜14:30 
回数5回
途中受講できます

詳細を見る

カテゴリー
グリム兄弟の生まれた町ハーナウから「ブレーメンの音楽隊」で知られたブレーメンまで約600キロのメルヘン街道。そこには、グリム兄弟やグリム童話にまつわる町や古くからの言い伝えを今に残す美しい町がたくさんあります。また、ドイツには、メルヘン街道とは趣を異にした...
教室名千葉教室
残 席あります
開催期間2018/10/23〜2019/03/26
曜日・日時 第4火曜 13:30〜15:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

万葉集の花と植物 秋から冬

講師
(一財)進化生物学研究所理事長・所長 湯浅 浩史
カテゴリー
万葉人は花で季節を感じ、その美しさを愛でただけでなく、生活の中で利用し、歌にしています。万葉人の見方や利用は、必ずしも現代と同じではなく、現代では失われてしまった習俗も少なくありません。秋から冬にかけての木や草を取り上げ、万葉の世界を味わいます。
教室名千葉教室
残 席あります
開催期間2018/10/27〜2019/02/23
曜日・日時 第4土曜 10:30〜12:00 
回数5回
途中受講できます

詳細を見る

『枕草子』の世界を楽しむ

講師
早稲田大学非常勤講師 栗山 元子
カテゴリー
『枕草子』には、「にくきもの」「木の花は」などのように、あるテーマに叶う事象を小気味よく挙げていく類聚的章段や、定子中宮を中心とした一条朝の宮廷に生きる人々の姿を活写した日記的章段、そして随想的章段などが混在しています。しかしそれらはすべて清少納言ならでは...
教室名千葉教室
残 席電話か窓口にてお問い合わせください
開催期間2018/10/05〜2019/03/29
曜日・日時 第1・5金曜 10:00〜11:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

『蜻蛉日記』を読む

講師
早稲田大学・法政大学兼任講師 栗山 元子
カテゴリー
美人で和歌も上手、なのに夫の心はどんどん遠ざかっていく−『蜻蛉日記』は作者である藤原道綱母がそんな結婚生活を振り返り苦い思いを綴った作品です。、その心情描写は時に赤裸々なまでに詳細で、千年前の一女性の生々しい思いが現前します。また夫である藤原兼家との愛憎を...
教室名千葉教室
残 席電話か窓口にてお問い合わせください
開催期間2019/01/15〜2019/03/19
曜日・日時 第1・3・5火曜 10:00〜12:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

『とはずがたり』を読む
〜影印本(変体かな本)も読みながら〜

講師
國學院大學講師・文学博士 堤 康夫
カテゴリー
鎌倉時代、美貌と才気に恵まれた作者二条は十四歳で後深草院に仕えます。前半生は、一皇子を産みながら複数の男性をも受け入れた奔放な宮廷生活を送り、後半生は一転して、宮廷から追放され出家し、西行の修行を慕って諸国を遍歴します。迫力ある三十年間の赤裸々な回想自伝的...
教室名千葉教室
残 席あります
開催期間2019/01/21〜2019/03/18
曜日・日時 第1・3・5月曜 10:00〜11:30 
回数5回
途中受講できます

詳細を見る

古典への招待 『源氏物語』

講師
國學院大學講師・文学博士 堤 康夫
カテゴリー
初めて『源氏物語』を読む方は言葉の壁、時代の違いなどもあり、難しい印象を持たれると思います。けれども、美しい恋愛小説であることはもちろん、左大臣家と右大臣家の権力闘争、夕顔巻のミステリー、葵巻のホラー、須磨巻の海洋冒険スペクタクルなど、現代的な視点から見て...
教室名千葉教室
残 席あります
開催期間2018/10/04〜2019/03/21
曜日・日時 第1・3・5木曜 10:00〜11:30 
回数11回
途中受講できます

詳細を見る

『源氏物語』を読む 
〜真木柱の巻〜

講師
日本文学風土学会 関 美子
カテゴリー
第三十一帖 〜真木柱の巻〜
玉鬘は数ある求婚者達の中、最も気に染まぬ髭黒大将の手中に帰した。源氏は事の意外さに驚き残念に思うが、婚儀を格式高く立派に取り計らうしかなかった。
玉鬘のもとにしげしげと通う髭黒の姿に、北の方は絶望し父式部卿宮からの迎えを受け...
教室名千葉教室
残 席あります
開催期間2019/01/18〜2019/03/29
曜日・日時 第1・3・5金曜 10:30〜12:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

古文書に親しむ
〜はじめの一歩〜

講師
京都造形芸術大學非常勤講師 高見沢 美紀
カテゴリー
江戸時代に庶民に書かれた古文書(村役人の任免文書など)を題材としてくずし字を解読し江戸時代の人々の生活に迫ります。

★テキストは、講師のオリジナルです。とてもわかりやすく好評です。
★6か月カリキュラムです。
復習をたくさんしながら講義しています...
教室名千葉教室
残 席あります
開催期間2018/10/15〜2019/03/18
曜日・日時 第3・5月曜 10:00〜12:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

俳句に親しむ

講師
千葉県俳句作家協会理事・鴫俳句会事務局長 加藤 峰子
さぁ、右脳を刺激して俳句を始めませんか!
紙と鉛筆さえあればスタートできる17文字の世界最小文学です。
今や俳句人口はうなぎ上りの状況です。あなたも一緒に始めませんか。
入門から実作まで丁寧に指導します。今まで眠っていた俳句細胞が動き始めることを実感...
教室名千葉教室
残 席あります
開催期間2019/01/08〜2019/03/26
曜日・日時 第2・4火曜 13:00〜15:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

漢詩を味わう

講師
全国漢文教育学会常任理事 渡部 英喜
カテゴリー
世界最高の詩歌の一つと言われる唐詩。四大詩人の李白・杜甫・韓愈・白居易を始めて、王維等々の著名な詩人の名作を、エピソードや背景(歴史や地理)などをまじえて解説し、さらに98回の訪中歴を踏まえた臨場感溢れる講義を展開します。

【講師経歴】わたなべひでき...
教室名千葉教室
残 席あります
開催期間2019/01/12〜2019/03/23
曜日・日時 第2・4・5土曜 10:00〜12:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。