1. NHKカルチャートップ >
  2. さいたまアリーナ教室 >
  3. 講座検索結果一覧
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

さいたまアリーナ教室の講座を探す他の教室の講座も検索する

  • 残席状況は変動しますので、申し込み時には異なる場合があります。
  • ほとんどの講座は入会が必要です。
  • 新規 新しく始まる講座
  • 夜間 18時以降に始まる講座
  • 電話・窓口 電話か窓口にてお問い合わせください。

5講座中 1〜5件目を表示しています。

ピックアップ実践!マインドフルネス瞑想&ヨガ

  • 新規
講師
日本マインドフルネス学会理事・事務局長 山口 伊久子
からだとこころの声に気づくこと それは、セルフケアの第一歩 !
マインドフルネス瞑想とマインドフルネスヨガを通して、“こころとからだの声に耳を傾け、
今この瞬間を活き活きと生きていくための智慧を” 実践を通して学びます。
大切なのは、
・ありのまま...
教室名さいたまアリーナ教室
残 席あります
開催期間2018/05/14〜2018/09/10
曜日・日時 第2月曜 13:30〜15:00
回数5回
途中受講できます

詳細を見る

実践!マインドフルネス瞑想&ヨガ

  • 新規
講師
日本マインドフルネス学会理事・事務局長 山口 伊久子
からだとこころの声に気づくこと それは、セルフケアの第一歩 !
マインドフルネス瞑想とマインドフルネスヨガを通して、“こころとからだの声に耳を傾け、
今この瞬間を活き活きと生きていくための智慧を” 実践を通して学びます。
大切なのは、
・ありのまま...
教室名さいたまアリーナ教室
残 席あります
開催期間2018/05/14〜2018/09/10
曜日・日時 第2月曜 13:30〜15:00 
回数5回
途中受講できます

詳細を見る

楊名時八段錦・太極拳A

講師
島原 和子
菅沼文子 砂川千鶴子
楊名時太極拳は、調心・調息・調身を基本としている健康法です。
八段錦は、呼吸に合わせて行うことにより身体の調子を整える効果が期待できる中国古来の運動療法です。
楊名時太極拳・八段錦を深い呼吸に合わせてゆっくり行うことが心身をリッラクスさせ健康の維持と回...
教室名さいたまアリーナ教室
残 席あります
開催期間2018/04/02〜2018/06/25
曜日・日時 毎週月曜 10:15〜11:45 
回数10回
途中受講できます

詳細を見る

楊名時八段錦・太極拳B

講師
市園 禮子 ほか
呼吸法にのっとって内面の気を養い、健康保持を目的とする教室です。
毎回簡化24式を2型ずつ、八段錦を1型ずつ覚えられる様に指導します。
柔らかく無理のない動きと深く長い呼吸をする事により、心身の安らぎが得られます。
教室名さいたまアリーナ教室
残 席あります
開催期間2018/04/06〜2018/06/29
曜日・日時 毎週金曜 10:15〜11:45 
回数12回
途中受講できます

詳細を見る

ホームヨガ 瞑想のすすめ 
〜心の安らぎを見つける法〜

講師
監修 日本ヨーガ学会会長 田原 豊道
担当 日本ヨーガ学会教授 和泉洋子 古川邦宏
ホームヨーガでは、春は太陽の礼拝、夏は大空の礼拝、秋は月の礼拝、冬は大地の礼拝というように、一年を通じて様々な方法でヨーガを楽しんでいます。
ヨーガの魅力は、ものの見方が変わるということです。ものの見方が変わると考え方が変わり、考え方が変わると生き方が変...
教室名さいたまアリーナ教室
残 席あります
開催期間2018/04/06〜2018/09/21
曜日・日時 第1・3金曜 13:00〜14:30 
回数11回
途中受講できます

詳細を見る

スポーツ吹矢を楽しむ

講師
日本スポーツ吹矢協会公認指導員 松尾 有祐
吹矢式腹式呼吸法で心身の健康を向上させ、ゲームとしても楽しいスポーツ吹矢。精神の集中、ストレス解消、動脈硬化の予防、脳の老化防止、喘息の改善等が多く評価されています。
教室名さいたまアリーナ教室
残 席あります
開催期間2018/04/03〜2018/09/18
曜日・日時 第1・3火曜 10:00〜11:30 
回数12回
途中受講できます

詳細を見る

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。