1. NHKカルチャートップ >
  2. 名古屋教室 >
  3. 講座検索結果一覧
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

名古屋教室の講座を探す他の教室の講座も検索する

  • 残席状況は変動しますので、申し込み時には異なる場合があります。
  • ほとんどの講座は入会が必要です。
  • 新規 新しく始まる講座
  • 夜間 18時以降に始まる講座
  • 電話・窓口 電話か窓口にてお問い合わせください。

6講座中 1〜6件目を表示しています。

革工芸・革びいどろ

講師
アザミ革工芸会正会員 小山 清子
深田 智子
カテゴリー
「革びいどろ」といわれる透明な生の革を使い、アザミ会独特の染色や工程で作品を作ります。透明感あふれるガラスのような生革工芸、華やかなきらめきのアクセサリー、美しい色彩のバッグなど、さまざまな素材で新しい革工芸を楽しんでみませんか?
教室名名古屋教室
残 席あります
開催期間2017/10/11〜2018/03/28
曜日・日時 第2・4水曜 10:00〜12:00 
回数12回
途中受講できます

詳細を見る

楽しい革クラフト!手縫いでつくるバッグやケース

講師
イラストレーター、chik@(革工房) やまもとちかひと
材料、道具の使い方、裁断、裁縫の基本から指導し、裏地や付属品にもこだわるデザインが魅力です。カードケースからバッグなどまで制作します。 革だけではなく、革と帆布を合わせたバッグやリュックも制作いたします。季節に合わせていかがでしょう。 

講師HP≪や...
教室名名古屋教室
残 席あります
開催期間2017/10/08〜2018/03/11
曜日・日時 第2日曜 15:30〜18:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

家庭用ミシンで革のバッグ教室

講師
手作りバッグの店「ケイエム」主宰 藤林 清美
カテゴリー
型紙の取り方から学べ、材料は、本革をメインで作ります。キットがあるのではじめての方でも安心。自分だけのオリジナルバッグを作りましょう。失敗の心配はありません。宿題でミシン縫いをやってきていただきます。3回で1作品を仕上げます。
教室名名古屋教室
残 席あります
開催期間2017/10/05〜2018/03/29
曜日・日時 第1木曜 10:30〜13:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

趣味のバッグ

講師
中部ハンディクラフト協会代表 土井 かづ子
流行を取り入れ、巾広く使いこなせる和洋のバッグを作ります。素材、オリジナリティーを重視し、初心者の方は、トートバッグからスタートします。

カリキュラムに沿って行いますが、作りたい作品がある場合は相談に応じます。
教室名名古屋教室
残 席あります
開催期間2017/10/11〜2018/03/28
曜日・日時 第2・4水曜 15:00〜17:00 
回数12回
途中受講できます

詳細を見る

【9月単発】5名限定 帆布と革の巾着トート9/10

  • 新規
  • 満席
講師
イラストレーター、chik@(革工房) やまもとちかひと
★バッグ作りの体験講座です。
しっかりした、帆布と革のパーツを組み合わせて、まるいフォルムがかわいい、巾着トートバッグをつくりましょう。シンプルなデザインで、肩掛けにもできるので、毎日おでかけに使えます。材質は綿混の麻布、厚くしっかりした布です。お好きな...
教室名名古屋教室
残 席満席(キャンセル待ち登録可)
開催期間2017/09/10
曜日・日時 第4日曜 15:30〜18:30 
回数1回
途中受講できません

詳細を見る

【9月単発】【増設】 帆布と革の巾着トート9/10

  • 新規
講師
イラストレーター、chik@(革工房) やまもとちかひと
★バッグ作りの体験講座です。
しっかりした、帆布と革のパーツを組み合わせて、まるいフォルムがかわいい、巾着トートバッグをつくりましょう。シンプルなデザインで、肩掛けにもできるので、毎日おでかけに使えます。材質は綿混の麻布、厚くしっかりした布です。

...
教室名名古屋教室
残 席あります
開催期間2017/09/10
曜日・日時 日曜 10:30〜13:30 
回数1回
途中受講できません

詳細を見る

資料請求はこちらから お気軽にお申込みください

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。