1. NHKカルチャートップ >
  2. 梅田教室 >
  3. 講座検索結果一覧
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

梅田教室の講座を探す他の教室の講座も検索する

  • 残席状況は変動しますので、申し込み時には異なる場合があります。
  • ほとんどの講座は入会が必要です。
  • 新規 新しく始まる講座
  • 夜間 18時以降に始まる講座
  • 電話・窓口 電話か窓口にてお問い合わせください。

20講座中 1〜20件目を表示しています。

4/2裏千家 茶事を気軽に学ぶ<10人限定>

  • 満席
講師
裏千家教授 松井 宗順
講師 松井 宗新
普段、皆様がお稽古されている講座では、薄茶1回を点てて、後はお客になりお菓子とお茶を頂いて終わり、概ねそういう形で終わります。
しかしこれがお茶のすべてを稽古しているということではありません。茶事という大きなくくりの中の濃茶や薄茶といった一部分を切り取っ...
教室名梅田教室
残 席満席(キャンセル待ち登録可)
開催期間2017/04/02
曜日・日時 4/2(日)        11:00〜16:00
回数1回
途中受講できません

詳細を見る

利休の手紙と茶の湯の歴史

講師
千里金蘭大学名誉教授、表千家不審菴文庫運営委員 生形 貴重
カテゴリー
千利休は戦国武将たちと心の交流を深めました。堺の町衆の茶の湯が、信長〜秀吉の天下統一の中で、武家の文化として形成される時代でした、。
礼としての茶の湯と自らの侘び茶を深めて、茶道を確率する過程を、利休の手紙から読み解きます。

【講師略歴】 生形貴重...
教室名梅田教室
残 席あります
開催期間2017/04/28〜2017/09/22
曜日・日時 第4金曜 10:30〜12:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

茶道 裏千家
〜立礼で学ぶ〜

  • のこりわずか
講師
(監修)坐忘斎 千 宗室
(講師) 松井宗順、松井宗豊、松井宗新
心が痛む事件の多い昨今、いやしがブームとなっておりますが、茶の湯は日本に古くから伝わる素晴らしいいやしの世界です。火を起こし湯を沸かし茶を点てる、その一服で心穏やかに、そして基本動作を学び繰返すことで、自然に躾が身についていくことと思います。初めての方から...
教室名梅田教室
残 席のこりわずか
開催期間2017/04/01〜2017/06/17
曜日・日時 第1・3土曜 16:30〜18:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

男のたしなみ茶道(表千家)

  • のこりわずか
講師
(監修) 千 宗左
表千家同門会大阪支部事務長 永橋 守(宗伴)
カテゴリー
唐代の有名な趙州禅師の「喫茶去」という言葉があります。お茶でも飲んでいきなさい、お茶でも飲んでいこうよ、と解釈しております。
気がねなく肩ひじ張らず茶席で茶を喫すれば楽しみが増えることではないでしょうか。茶道とは窮屈なものと思われておりますが、おいしいお...
教室名梅田教室
残 席のこりわずか
開催期間2017/04/08〜2017/09/09
曜日・日時 第2土曜 16:00〜18:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

お勤め帰りの茶道 (表千家)金

  • 夜間
  • 満席
講師
(監修) 千 宗左
(講師)表千家同門会大阪支部事務長 永橋 守(宗伴)
カテゴリー
美しい和菓子と緑の抹茶。
現代の忙しさの中で忘れかけているほっと心の和むひとときを楽しみましょう。
茶道を通し相手を思いやるマナーも身に付けましょう。
茶席での簡単なルールや、立ち座り、礼、割り稽古など基本的なことからはじめます。
教室名梅田教室
残 席満席(キャンセル待ち登録可)
開催期間2017/04/07〜2017/06/30
曜日・日時 第1・3金曜 18:30〜20:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

お勤め帰りの茶道 (表千家) 水

  • 夜間
  • 満席
講師
(監修) 千 宗左
(講師)表千家同門会大阪支部事務長 永橋 守(宗伴)
カテゴリー
茶道において大切なことは「おもてなしの心」です。
お客様にお茶をもてなし、客は感謝してお茶をいただく。
お稽古を重ねることで、礼儀作法のみならず、「癒し」や「安らぎ」をもたらしてくれます。
はじめて茶道を学ぶ方には、席入り、お茶のいただき方など、客と...
教室名梅田教室
残 席満席(キャンセル待ち登録可)
開催期間2017/04/05〜2017/06/21
曜日・日時 第1・3水曜 18:30〜20:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

茶道 表千家(火)

講師
(監修) 千 宗左
(講師)表千家同門会大阪支部幹事 井門 正美(宗正)
カテゴリー
茶の湯は、一服のお茶を美味しく点て、客にもてなすという「もてなしの心」に尽きます。
この講座では、客としての作法(挨拶の仕方、立ち座り、お茶のいただき方)、また亭主としての作法(お点前の割り稽古、お茶の点て方等)を学びます。
初めての方、資格のある方ご...
教室名梅田教室
残 席あります
開催期間2017/04/11〜2017/06/27
曜日・日時 第2・4火曜 10:00〜12:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

茶道 表千家(水・午前)

  • 満席
講師
(監修) 千 宗左
(講師)表千家同門会大阪支部事務長 永橋 守(宗伴)
カテゴリー
和やかに一碗の茶を気軽に楽しみましょう。席入りやお茶のいただき方などを、はじめての方にも分かりやすくお教えします。

茶道において大切なことは「おもてなしの心」です。
お客様にお茶をもてなし、客は感謝してお茶をいただく。
お稽古を重ねることで、礼儀...
教室名梅田教室
残 席満席(キャンセル待ち登録可)
開催期間2017/04/05〜2017/06/21
曜日・日時 第1・3水曜 10:00〜12:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

茶道 表千家(水・午後)

  • 満席
講師
(監修) 千 宗左
(講師)表千家同門会大阪支部事務長 永橋 守(宗伴)
カテゴリー
和やかに一碗の茶を気軽に楽しみましょう。席入りやお茶のいただき方などを、はじめての方にも分かりやすくお教えします。

茶道において大切なことは「おもてなしの心」です。
お客様にお茶をもてなし、客は感謝してお茶をいただく。
お稽古を重ねることで、礼儀...
教室名梅田教室
残 席満席(キャンセル待ち登録可)
開催期間2017/04/05〜2017/06/21
曜日・日時 第1・3水曜 13:00〜15:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

茶道 表千家(土)

  • のこりわずか
講師
(監修) 千 宗左
(講師)表千家同門会大阪支部幹事 井門 正美(宗正)
カテゴリー
茶の湯は、一服のお茶を美味しく点て、客にもてなすという「もてなしの心」に尽きます。
この講座では、客としての作法(挨拶の仕方、立ち座り、お茶のいただき方)、また亭主としての作法(お点前の割り稽古、お茶の点て方等)を学びます。
初めての方、資格のある方ご...
教室名梅田教室
残 席のこりわずか
開催期間2017/04/01〜2017/06/03
曜日・日時 第1・3土曜 10:00〜12:30 
回数4回
途中受講できます

詳細を見る

茶道 裏千家(金)

講師
(監修)坐忘斎 千 宗室
(講師) 松井宗順、八十原宗信、江藤宗泰、松井宗新
カテゴリー
心が痛む事件の多い昨今、いやしがブームとなっておりますが、茶の湯は日本に古くから伝わる素晴らしいいやしの世界です。火を起こし湯を沸かし茶を点てる、その一服で心穏やかに、そして基本動作を学び繰返すことで、自然に躾が身についていくことと思います。初めての方から...
教室名梅田教室
残 席あります
開催期間2017/04/07〜2017/06/30
曜日・日時 第1・3金曜 10:00〜12:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

茶道 裏千家(火)

講師
(監修)坐忘斎 千 宗室
(講師) 松井宗順、山根宗周、木村宗敏
カテゴリー
心が痛む事件の多い昨今、いやしがブームとなっておりますが、茶の湯は日本に古くから伝わる素晴らしいいやしの世界です。火を起こし湯を沸かし茶を点てる、その一服で心穏やかに、そして基本動作を学び繰返すことで、自然に躾が身についていくことと思います。初めての方から...
教室名梅田教室
残 席あります
開催期間2017/04/04〜2017/06/20
曜日・日時 第1・3火曜 10:00〜12:30 
回数7回
途中受講できます

詳細を見る

茶道 裏千家 (土15:30)

  • のこりわずか
講師
(監修)坐忘斎 千 宗室
(講師) 松井宗順、木村宗敏、吉崎宗幸、松井宗新
カテゴリー
心が痛む事件の多い昨今、いやしがブームとなっておりますが、茶の湯は日本に古くから伝わる素晴らしいいやしの世界です。火を起こし湯を沸かし茶を点てる、その一服で心穏やかに、そして基本動作を学び繰返すことで、自然に躾が身についていくことと思います。初めての方から...
教室名梅田教室
残 席のこりわずか
開催期間2017/04/01〜2017/06/17
曜日・日時 第1・3土曜 15:30〜18:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

茶道 裏千家 (土18:00)

  • 夜間
講師
(監修)坐忘斎 千 宗室
(講師) 松井宗順、松井宗新、八十原宗信、江藤宗泰
カテゴリー
心が痛む事件の多い昨今、いやしがブームとなっておりますが、茶の湯は日本に古くから伝わる素晴らしいいやしの世界です。火を起こし湯を沸かし茶を点てる、その一服で心穏やかに、そして基本動作を学び繰返すことで、自然に躾が身についていくことと思います。初めての方から...
教室名梅田教室
残 席あります
開催期間2017/04/01〜2017/06/17
曜日・日時 第1・3土曜 18:00〜20:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

茶道 武者小路千家

講師
(監修)武者小路千家家元 千 宗守
(講師)武者小路千家家元准教授 佐伯久徳、(副講師)足利守章、真常美紀
カテゴリー
武者小路千家は、千利休を祖とし、表・裏と並ぶ三千家の一つです。利休が大成した「茶の湯」をそれぞれの時代の変化に対応し、且つ、伝統を守りながら現在に至るまで伝えています。
この講座では、お点前など、まず「形」より入り、その形を「実」のあるものにするために、...
教室名梅田教室
残 席あります
開催期間2017/04/09〜2017/06/25
曜日・日時 第2・4日曜 10:00〜12:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

茶道 藪内流

講師
古儀茶道藪内流宗家家元 藪内 紹智
カテゴリー
代々西本願寺の茶道師家を勤め、古流の姿を最も保つ流派。各人の能力・上達に応じて、家元が直接指導します。

藪内流は、千利休と兄弟弟子にあたる藪内剣仲(やぶのうちけんちゅう)を流祖としております。「正直・清浄・礼和・質朴」を茶道精神とし、古儀茶道として今...
教室名梅田教室
残 席あります
開催期間2017/04/21〜2017/09/15
曜日・日時 第3金曜 13:30〜16:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

茶道 石州流

  • のこりわずか
講師
(監修)石州流茶道宗家十六代 片桐 貞光
(講師)石州流茶道宗家直門教授 村上 宗隆
カテゴリー
石州流の流祖片桐石州は、奈良・大和の小泉藩主でした。千利休の実子道安の孫弟子に当たり、徳川四代将軍家綱公の茶道師範を務めました。それ以来、石州流は、幕府公認の茶道として全国に広まった「大名茶・武家茶」と称される茶道です。
将軍家の貴族的な趣と武士の豪快さ...
教室名梅田教室
残 席のこりわずか
開催期間2017/04/22〜2017/09/23
曜日・日時 第4土曜 15:30〜18:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

煎茶 日本礼道小笠原流

講師
(監修)日本礼道小笠原流煎茶家元 諸泉 祐園
(講師) 森永 娥泉
カテゴリー
煎茶を学ぶには心と技の両面からの習熟が必要です。講座では初めて煎茶を習う方に、割りげいこ、点前や茶花など小笠原流作法をふまえながら、煎茶の楽しみにふれていただきます。初回は、扇子と懐紙をご用意ください。
教室名梅田教室
残 席あります
開催期間2017/04/03〜2017/06/19
曜日・日時 第1・3月曜 10:00〜12:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

煎茶研究科 日本礼道小笠原流

講師
(監修)日本礼道小笠原流煎茶家元 諸泉 祐園
(講師) 森永 娥泉
カテゴリー
煎茶を学ぶには心と技の両面からの習熟が必要です。講座では初めて煎茶を習う方に、割りげいこ、点前や茶花など小笠原流作法をふまえながら、煎茶の楽しみにふれていただきます。初回は、扇子と壊紙をご用意ください。
教室名梅田教室
残 席電話か窓口にてお問い合わせください
開催期間2017/04/17〜2017/09/18
曜日・日時 第3月曜 10:00〜12:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

煎茶 小川流

  • 満席
講師
(監修)小川流煎茶家元 小川 後楽
(講師)小川流煎茶家元総師範 細田 徳楽
古代の文雅な茶に由来する「煎茶」。
江戸時代に煎法や新しい茶器の工夫で煎茶の世界を一新した小川流煎茶。
その魅力は、まず茶味のおいしさと、多様性にあります。日常あまりに身近にあるため、本当の味を忘れがちですが、ほんの少し入れ方に注意するだけで、その茶味...
教室名梅田教室
残 席満席(キャンセル待ち登録可)
開催期間2017/04/14〜2017/06/23
曜日・日時 第2・4金曜 10:00〜12:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

資料請求はこちらから お気軽にお申込みください

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。