1. NHKカルチャートップ >
  2. 北九州教室 >
  3. 講座検索結果一覧
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

北九州教室の講座を探す他の教室の講座も検索する

  • 残席状況は変動しますので、申し込み時には異なる場合があります。
  • ほとんどの講座は入会が必要です。
  • 新規 新しく始まる講座
  • 夜間 18時以降に始まる講座
  • 電話・窓口 電話か窓口にてお問い合わせください。

6講座中 1〜6件目を表示しています。

初めての俳句
〜俳句・季語入門〜

講師
俳誌「青嶺」主宰 福岡県俳句協会会長 岸原清行
俳句、この美しくこころ豊かな世界にあなたも親しんでみませんか。わずか17文字の詩ですが、その表現方法の基礎を学ぶことによって、手軽にどなたでも、何時からでも楽しむことができるのが俳句の魅力です。自然の美しさ豊かさに、新たな目が開かれ、あなたの生活を豊かに彩...
教室名北九州教室
残 席あります
開催期間2017/04/05〜2017/06/21
曜日・日時 第1・3水曜 13:00〜15:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

俳句 月曜午前

講師
俳誌「青嶺」主宰 福岡県俳句協会会長 岸原清行
俳句は誰にでも楽しむことが出来る、世界最短の美しい詩です。その実作上の機微を習得しつつ、より深く豊かな、俳句の世界に親しみます。季節が織りなす自然と、日々の生活を詠うことによって、生活をこころ豊かに彩り、あなたの個性が輝きます。生涯の伴侶ともなる文芸です。...
教室名北九州教室
残 席あります
開催期間2017/04/10〜2017/06/26
曜日・日時 第2・4月曜 10:00〜12:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

俳句 月曜午後

講師
俳誌「青嶺」主宰 福岡県俳句協会会長 岸原清行
俳句は誰にでも楽しむことが出来る、世界最短の美しい詩です。その実作上の機微を習得しつつ、より深く豊かな、俳句の世界に親しみます。季節が織りなす自然と、日々の生活を詠うことによって、生活をこころ豊かに彩り、あなたの個性が輝きます。生涯の伴侶ともなる文芸です。...
教室名北九州教室
残 席あります
開催期間2017/04/10〜2017/06/26
曜日・日時 第2・4月曜 13:00〜15:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

俳句 水曜

講師
俳誌「青嶺」主宰 福岡県俳句協会会長 岸原清行
俳句は誰にでも楽しむことが出来る、世界最短の美しい詩です。その実作上の機微を習得しつつ、より深く豊かな、俳句の世界に親しみます。季節が織りなす自然と、日々の生活を詠うことによって、生活をこころ豊かに彩り、あなたの個性が輝きます。生涯の伴侶ともなる文芸です。...
教室名北九州教室
残 席あります
開催期間2017/04/05〜2017/06/21
曜日・日時 第1・3水曜 10:00〜12:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

ほのぼの川柳

講師
全日本川柳協会常任幹事・福岡県川柳協会会長 古谷龍太郎
いま、川柳が旬の文芸として人気です。政治、経済、社会面から自分の身の回りまで句材には事欠きません。思ったまま素直に十七文字で詠えば良いのです。ほのぼのとした川柳はあなたや周囲のこころを癒してくれるはずです。普段の会話で使っていることばで自由に表現してくださ...
教室名北九州教室
残 席あります
開催期間2017/04/21〜2017/09/15
曜日・日時 第3金曜 13:00〜15:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

俳句紀行

  • 満席
講師
俳誌「青嶺」主宰・福岡県俳句協会会長 岸原清行
中国九州各地の風光に富んだ自然や建物などを、ゆったりした行程で散策します。個人であるいは友人と参加し、視野を広め豊かな詩情を深める日帰りの吟行です。
みなさん自由に俳句をつくり、岸原先生の選句をいただきます。
※おひとり様1回に限り、体験参加が可能です...
教室名北九州教室
残 席満席(キャンセル待ち登録可)
開催期間2017/04/04〜2017/09/05
曜日・日時 第1火曜(集合時間はその都度ご案内します)
回数5回
途中受講できます

詳細を見る

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。