1. NHKカルチャートップ >
  2. 守口教室 >
  3. 講座検索結果一覧
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

守口教室の講座を探す他の教室の講座も検索する

  • 残席状況は変動しますので、申し込み時には異なる場合があります。
  • ほとんどの講座は入会が必要です。
  • 新規 新しく始まる講座
  • 夜間 18時以降に始まる講座
  • 電話・窓口 電話か窓口にてお問い合わせください。

6講座中 1〜6件目を表示しています。

たのしいあみもの

講師
ニット作家/(公財)日本手芸普及協会 手あみ師範 神山 万里子
四季の小物やあみぐるみ、ウエアを編みながら、手編みの技術が学べます。カリキュラムに沿って、基礎から指導いたします。かぎ針編み入門科、棒針編み入門科のいずれかをお選びください(テキスト各3,800円+税)。入門科修了後、ご希望の方には製図の基礎を指導いたしま...
教室名守口教室
残 席あります
開催期間2017/04/05〜2017/09/20
曜日・日時 第1・3水曜 10:30〜12:30 
回数12回
途中受講できます

詳細を見る

藤戸禎子のタティングレース

  • のこりわずか
講師
(監修)タティングレース作家 藤戸 禎子
(講師)藤戸タティングレース講師 馬場 昭代
タティングレースは上品で優雅なクラシックレースの一つです。小さな舟形をしたシャトルで糸を編み結んで作品を生み出していきます。基礎は表目と裏目のみの簡単な技法です。小さな作品から始まり、次は糸の種類やビーズなどで変化を加えますと、個性的なレース模様を楽しむ事...
教室名守口教室
残 席のこりわずか
開催期間2017/04/21〜2017/09/15
曜日・日時 第3金曜 13:00〜15:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

レフカラレース

講師
レフカラレース作家/イーネオヤ作家 佐々木 香菜子
キプロス共和国伝統手芸レフカラレースはユネスコ無形文化遺産に登録された500年以上の歴史ある手芸です。15世紀、レオナルド・ダ・ヴィンチがレフカラ村を訪れた際、魅了されミラノ大聖堂の祭壇布用として注文して持ち帰ったと伝えられています。
教室名守口教室
残 席あります
開催期間2017/04/28〜2017/09/22
曜日・日時 第4金曜 13:00〜15:00 
回数5回
途中受講できます

詳細を見る

トルコの可愛いレース手芸

講師
レフカラレース作家/イーネオヤ作家 佐々木 香菜子
イーネオヤはトルコの女性たちが日常的に使うスカーフや様々な布の縁を代々彩ってきました。各家庭で受け継がれたモチーフは広いトルコ各地の大地が育んだ花や草木が元になっています。トルコ全土でその種類は数百、数千にのぼります。講座ではひとつ、ひとつモチーフを作りな...
教室名守口教室
残 席あります
開催期間2017/04/28〜2017/09/22
曜日・日時 第4金曜 15:30〜18:00 
回数5回
途中受講できます

詳細を見る

ローラーワークス

  • 新規
講師
ローラーワークスインストラクター/フラワーデザイナー 南家 めぐ実
ローラーワークスは「巻く」という単純な行程から生まれる創造性にあふれた、日本生まれのオリジナルワイヤーアートです。紙巻のワイヤに光沢のあるシルバーコーティングしたワイヤを巻き、レースやビーズをあしらい、繊細なレース細工のように作り上げていきます。講座ではア...
教室名守口教室
残 席あります
開催期間2017/04/08〜2017/09/09
曜日・日時 第2土曜 13:00〜15:00 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

かぎ針のニット小物

講師
ニットクラフト作家 Sachiyo*Fukao
気軽にできるかぎ針あみで春夏素材を使用し、毎月1作品小物をつくっていく講座です。レベルに合わせて2通りの作品を提案しますので初心者さんもかぎ針編みをマスターしていただけるようご指導致します。6回修了時にはレベルアップしていただけるようカリキュラムを組んでい...
教室名守口教室
残 席あります
開催期間2017/04/15〜2017/09/16
曜日・日時 第3土曜 10:20〜12:20 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。