1. NHKカルチャートップ >
  2. 京都教室 >
  3. 講座検索結果一覧
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

京都教室の講座を探す他の教室の講座も検索する

  • 残席状況は変動しますので、申し込み時には異なる場合があります。
  • ほとんどの講座は入会が必要です。
  • 新規 新しく始まる講座
  • 夜間 18時以降に始まる講座
  • 電話・窓口 電話か窓口にてお問い合わせください。

6講座中 1〜6件目を表示しています。

9/28 日本人と天皇の150年

  • 新規
講師
ノンフィクション作家 保阪 正康
1868年、新政府は元号を「明治」と改め、いわゆる東京遷都を行い、従来の国のかたちを大きく変える明治維新の変革を断行します。その変革の中心が天皇の存在でした。近代以降の日本は幾たびの大きな戦争を経験しつつ、明治、大正、昭和、平成、そして令和へ、現代まで天皇...
教室名京都教室
残 席あります
開催期間2019/09/28
曜日・日時 13:00〜14:30 
回数1回
途中受講できません

詳細を見る

8/2 京都の戦争@第16師団
〜京都の軍隊・誕生から壊滅まで〜

  • 新規
講師
京都薬科大学名誉教授 鈴木 栄樹
旧日本陸軍での師団とは、旅団・連隊などの上に位置し、平時における最高の常備兵団のことです。第16師団は主に京都府の人々で編成された「京都の師団」として知られました。日露戦争末期に編成され、戦後、紀伊郡深草村(現 伏見区深草)に師団司令部が設置されました。第...
教室名京都教室
残 席あります
開催期間2019/08/02
曜日・日時 第1金曜 13:00〜14:30 
回数1回
途中受講できません

詳細を見る

8/3 ヒトラーとナチ・ドイツ

  • 新規
講師
東京大学教授 石田 勇治
第一次世界大戦に敗れたドイツでは、栄光のドイツ帝国が崩壊し、代わりに世界で最も民主的といわれた憲法を擁するワイマール共和国が誕生しました。しかし、その中から暴力と人種差別を肯定するナチズムの運動が台頭し、ワイマール共和国はナチ・ドイツへと変貌しました。国民...
教室名京都教室
残 席あります
開催期間2019/08/03
曜日・日時 土曜 15:00〜16:30 
回数1回
途中受講できます

詳細を見る

8/24 京都の戦争A空襲
〜どこで何が起きていたのか〜

  • 新規
講師
京都大学文書館 助教 川口 朋子
戦争のイメージが薄い京都。しかし、戦時下の京都は実際に空襲を受けたほか、
空襲を避けるため軍需工場を郊外に疎開させ、焼夷弾で延焼しないよう建物強制疎開を行うなど様々な防空体制を敷きました。現在でも京都の街に戦時下のこれらの傷の跡を見ることができます。あま...
教室名京都教室
残 席あります
開催期間2019/08/24
曜日・日時 第4土曜 10:30〜12:00 
回数1回
途中受講できません

詳細を見る

世界史のなかのキリスト教

講師
京都大学教授 芦名 定道
本講座の目標は、現在世界の各地に広がっている世界宗教キリスト教を、その2000年におよぶ歴史の歩み(世界史)の中で理解することです。そのために、いったん歴史をキリスト教成立以前の古代オリエントと古代イスラエル民族の誕生にまで遡り、そこからキリスト教の成立と...
教室名京都教室
残 席あります
開催期間2019/04/05〜2019/09/06
曜日・日時 第1金曜 15:00〜16:30 
回数6回
途中受講できます

詳細を見る

いと愉し、京都学
〜知っておきたい・身に付けたい!〜

  • のこりわずか
講師
儀式作法研究会代表、京の作法アドバイザー、京の語り部 岩上 力
京都は、大勢の人が集まる都だからこそ、思い違いが起こらないように多くの心得ごとが形成されてきました。しかし、生粋の京都人も、その形と心を失いかけています。
この講座では、京都の「冠婚葬祭の作法」「ならわし」「年中行事」「おもてなし」「京ことば」「和の心」...
教室名京都教室
残 席のこりわずか
開催期間2019/04/10〜2019/09/11
曜日・日時 第2水曜 10:30〜12:00 
回数5回
途中受講できます

詳細を見る

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。