1. NHKカルチャートップ >
  2. さいたまアリーナ教室
  3. > 教養 > 宗教・哲学・心理 > 鎌倉新仏教を見直す〜なぜ親鸞がいちばん偉いのか〜
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

鎌倉新仏教を見直す
〜なぜ親鸞がいちばん偉いのか〜

講師
宗教学者・作家 島田 裕巳
  • 新規

日本仏教の特徴は「宗派仏教」にある。釈迦よりも宗派の開祖が重視されという伝統が形成されてきた。その元を作ったのが、鎌倉新仏教と言われる、浄土宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗などである。そして、こうした宗派の開祖の生涯や思想はつねに注目を集めてきた。しかし、宗派の理解と歴史的な事実との間には埋めがたい隔たりがある。今回の講座では、それぞれの宗派について取り上げながら、そこにどういった特徴があり、事実はどうだったのかを探りながら、その歴史的な意義について考えてみたい。そして、なぜ親鸞がもっとも注目されるようになったのか、その謎にも挑んでいきたいと考えている。

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名さいたまアリーナ教室残 席
開催期間10/14〜3/10曜日・日時第2土曜 13:00〜14:30
回 数5回途中受講できます
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 15,768円

日程

×2017/10/14(土) 日本仏教はどこに特徴があるのか
2017/12/09(土) 浄土教信仰の広がりと法然の登場
2018/01/20(土) 法然と親鸞の子弟関係をめぐる謎(第3週・601教室)
2018/02/10(土) 禅宗の成立とその文化的な影響
2018/03/10(土) 国難を救った日蓮と鎌倉幕府

持ち物

筆記用具、配布資料のコピー代実費(A4:1枚10円、A3:1枚20円)は教室にて集金します

●テキスト:島田裕巳『浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか』(幻冬舎新書)ISBN-13: 978-4344982505
※各自書店にてお求めください。
●1/20は601教室にて行います。

備考

○講師略歴○
東京大学卒、同大学院博士課程修了(専攻・宗教学)。日本女子大学教授等を歴任。1つの宗教にとどまらず、宗教現象、新宗教運動についても研究。文化と宗教の観点から、葬式、戒名や冠婚葬祭の動き、死との向き合い方や、生き方まで幅広く解説している。

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。

この講座に関連のあるカテゴリー

最近チェックした講座

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。