1. NHKカルチャートップ >
  2. さいたまアリーナ教室
  3. > 教養 > 宗教・哲学・心理 > 日本人にとって神社はどういう存在なのか
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

日本人にとって神社はどういう存在なのか

講師
宗教学者・作家 島田 裕巳
  • 新規

神社は私たちにとって身近な存在だ。けれども、神社についても、その背景にある神道についても、私たちは十分に理解できていない。いったい神社とは何か。神道とはどういう宗教なのか。そもそも宗教なのか。神道の基礎的なところからはじめて、神社の歴史を追い、大きく姿を変えてきたそのあり方を見ていく。神社をめぐる現代の問題についても考えてみたい。

●初回は4/14の予定でしたが、講師都合により4/21に変更となりました。時間もこの日のみ10:30〜12:00です。ご注意ください。

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名さいたまアリーナ教室残 席
開催期間4/21〜9/29曜日・日時第2土曜 13:00〜14:30
回 数6回途中受講できます
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 18,921円

日程

×2018/04/21(土) 神道とはどういう宗教なのか それとも宗教ではないのか?※10:30-12:00
×2018/05/12(土) ”神社の歴史とその性格 起源にまで遡る”
2018/06/09(土) ”天照大神の誕生 皇祖神の系譜”
2018/07/14(土) ”八幡・稲荷・天神 神話によらない神々”
2018/09/08(土) ”神仏習合というあり方 中世から近世にかけて”
2018/09/29(土) ”現代における神道 歩みとその問題点”

持ち物

筆記用具、配布資料のコピー代実費(A4:1枚10円、A3:1枚20円)は教室にて集金します

●参考図書:島田裕巳『神道はなぜ教えがないのか』(ワニ文庫)ISBN-13: 978-4584393840
※各自書店にてお求めください。

※9月は第5週も実施いたします。

備考

○講師略歴○
東京大学卒、同大学院博士課程修了(専攻・宗教学)。日本女子大学教授等を歴任。1つの宗教にとどまらず、宗教現象、新宗教運動についても研究。文化と宗教の観点から、葬式、戒名や冠婚葬祭の動き、死との向き合い方や、生き方まで幅広く解説している。

この講座は、原則6階605教室にて行います。

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。

この講座に関連のあるカテゴリー

最近チェックした講座

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。