1. NHKカルチャートップ >
  2. 梅田教室
  3. > 教養 > 歴史 > 一年で学ぶ中国皇帝論―承継即位、二代目の物語―
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

一年で学ぶ中国皇帝論―承継即位、二代目の物語―

講師
関西学院大学名誉教授 阪倉 篤秀
カテゴリー
  • 新規

中国における皇帝政治の始まりと終わり、さらに皇帝を取り巻く環境や後継問題に触れたのちに、皇帝への即位、なかでも王朝を立ち上げて皇帝に即位する創業即位を取り上げてきたシリーズを受けて、今回からは世襲の後継者としての即位、すなわち承継即位を扱います。
広大な領域を誇る中国において厳しい競争に勝ち抜き、絶対的権力者である皇帝に上り詰めた創業者には独特の力強さがあります。それに対して後継者の即位に至る経緯は、本人の意向を越えて状況に左右され、いざ即位したならば、王朝を安定させさらに発展させるか、それとも周囲との軋轢の中で重責に押しつぶされるか、そこに現れる色模様を二代目に焦点を当ててみていきます。

  • 阪倉 篤秀 先生

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名梅田教室残 席
開催期間4/20〜9/21曜日・日時第3火曜 13:00〜14:30
回 数6回途中受講できます
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 19,932円

日程

2021/04/20(火)
2021/05/18(火)
2021/06/15(火)
2021/07/20(火)
2021/08/17(火)
2021/09/21(火)

1後継指名の難しさ−秦二世)
2偉大なる父と強い母のもとで−前漢恵帝
3簒奪の報いの一代限り−新王莽
4守成(継承と自制)の鏡−後漢明帝
5封建王との葛藤−晋恵帝
6戦乱の華北の安定化−北魏太武帝

講師プロフィール
関西学院大学文学研究科博士課程修了、同文学部助手・講師を経て教授。現在は関西学院大学名誉教授。中国史、なかでも明清時代を専攻。分かりやすく興味が持てる中国史を目指して、40年の教授経験。主要著書:『明王朝中央統治機構の研究』(汲古書院)、『さまざまな角度からの中国論』(関西学院大学中国学プロジェクト編著 晃洋書房)、『長城の中国史』(講談社選書メチエ)。

持ち物

レジュメ1枚10円 カラーがある場合は別途

備考

■2021年10月期優先継続期間8/1(日)〜8/31(火)(予定)

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
    ※オンライン講座の見学、体験はできません。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。

この講座に関連のあるカテゴリー

最近チェックした講座

資料請求はこちらから お気軽にお申込みください

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。