1. NHKカルチャートップ >
  2. 青山教室
  3. > 文章・文芸 > 文章 > キリスト教から文学を読む T文学の源泉としての「聖書」U日本のキリスト教文学
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

キリスト教から文学を読む T文学の源泉としての「聖書」U日本のキリスト教文学

講師
批評家・随筆家 若松英輔
東京大学准教授 山本芳久
  • 新規

特別講座「キリスト教から文学を読む」
T文学の源泉としての「聖書」
U日本のキリスト教文学

若松英輔+山本芳久 『キリスト教講義』(文藝春秋)は、キリスト教についての従来の見方を刷新する斬新な書物として話題になっています。今回の講座では、「キリスト教」と「文学」の接点に着目し、『キリスト教講義』の内容を更に発展させた対談を行います。二コマの連続講座です。一コマ目は「文学の源泉としての聖書」、二コマ目は「日本のキリスト教文学」を主題として、聖書から現代文学にまで縦横に議論を展開していきます。
<授業時間>2月3日(日)@13:00〜14:30 A14:45〜16:15

  • 若松英輔先生

  • 山本芳久先生

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名青山教室残 席
開催期間2/3(日)13:00〜16:15曜日・日時2/3(日)13:00〜16:15
回 数1回途中受講できません
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 7,862円
一般(入会不要) 9,212円

日程

2019/02/03(日)

◇若松英輔 1968 年生まれ、東京工業大学リベラルアーツ教育研究院教授、批評家・随筆家。2007年「越知保夫とその時代」にて三田文学新人賞、2016年『叡知の詩学』にて西脇順三郎学術賞、2018年『見えない涙』にて詩歌文学館賞、『小林秀雄 美しい花』にて角川財団学芸賞を受賞。著書に『イエス伝』(中央公論新社)など多数。
◇山本芳久 東京大学大学院総合文化研究科准教授。1973年生まれ、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専門は哲学・倫理学(西洋中世哲学・イスラーム哲学)、キリスト教学。『トマス・アクィナス 理性と神秘』(岩波新書)でサントリー学芸賞受賞。

持ち物

筆記用具

<授業時間>
@13:00〜14:30
A14:45〜16:15

※会場は401A教室を予定しております。当日の案内掲示にてご確認ください。

備考

この講座は特別講座のため1月28日(月)以降のキャンセル・ご解約を承ることができません。ご了承ください。

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。

この講座に関連のあるカテゴリー

最近チェックした講座

資料請求はこちらから お気軽にお申込みください

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。