1. NHKカルチャートップ >
  2. 梅田教室
  3. > 特別・短期・1日講座 > 1日 > 6/16 宇宙を見つめる観測装置〜天の川銀河中心のブラックホールを高温の星が回る〜
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

6/16 宇宙を見つめる観測装置
〜天の川銀河中心のブラックホールを高温の星が回る〜

講師
京都大学大学院理学研究科教授 長田 哲也

 人類は、悠久の昔から空を見上げ、地上の現象とは違い規則的で永劫不変とも思える天上の世界に思いをはせて来ました。そしてガリレオが望遠鏡を月や木星や金星、恒星や天の川に向けて以来、宇宙像は次々と変わり続けています。宇宙を観測するのも、可視光だけでなく赤外線・電波・エックス線などの電磁波だけでなく、宇宙線やニュートリノ粒子、さらに重力波さえとらえられるようになりました。
 私たちは天の川銀河と呼ばれる、何千億もの恒星の集団の中にいます。その中心部には、太陽の400万倍の質量を持つブラックホールがあることがわかってきました。最新の観測結果を交えて、お話しします。

  • 長田哲也 先生

  • 京大の口径3.8mせいめい望遠鏡

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名梅田教室残 席
開催期間曜日・日時6/16(日)13:00〜16:10 ※途中休憩含
回 数1回途中受講できません
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 5,842円
一般(入会不要) 6,523円

日程

×2019/06/16(日)

【講師プロフィール】
長田哲也(ながたてつや)。1985年京都大学大学院理学研究科博士課程修了、ハワイ大学研究員、京都大学助手、名古屋大学助教授を経て、2004年より京都大学教授。東アジア最大口径の光学赤外線望遠鏡である京大岡山3.8mせいめい望遠鏡の製作・整備責任者。天の川銀河中心部や、星間空間に興味を持っている。
ホームページ〈http://www.kusastro.kyoto-u.ac.jp/~nagata〉

持ち物

○筆記用具

備考

■第1部:「望遠鏡の進化と宇宙像の変遷」
(10分程休憩)
■第2部:「天の川銀河の中心のブラックホール」

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。
  • 10月1日以降に実施する講座については、新しい消費税率が適用されます。

最近チェックした講座

資料請求はこちらから お気軽にお申込みください

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。