1. NHKカルチャートップ >
  2. 青山教室
  3. > 特別・短期・1日講座 > 1日 > タロットと心理学 ―20世紀後半の「タロット・ルネサンス」を振り返る−
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

タロットと心理学
−20世紀後半の「タロット・ルネサンス」を振り返る−

講師
占い研究家 伊泉龍一
  • 新規
  • 夜間

今日タロットは、単なる「占い」の道具としてではなく、その価値を心理学的な面から見出す人々が多くなっています。
「自己発見」、「自己成長」、「自己変容」、「気づき」、「今ここ」、「ホリスティック」といったような言葉が普通に使われるようになった現在のタロットの世界では、従来の占い的な意味での「未来を予言する」ことは、ほとんど価値がなくなっているようです。
今回は20世紀後半の「タロット・ルネサンス」ともいうべき時代を振り返りながら、タロットと当時の心理学が結び付けられていく状況を改めて見直してみたいと思います。

  • 講師:伊泉龍一

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名青山教室残 席
開催期間4/24、5/22(水)曜日・日時4/24、5/22(水) 19:00〜20:30
回 数2回途中受講できません
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 8,985円
一般(入会不要) 10,346円

日程

2019/04/24(水)
2019/05/22(水)

1960年代の「カウンター・カルチャー」から1970年代の「ニューエイジ・ムーヴメント」の中で、タロットがどのように受け入れられていったか。
1980年代の「ニューエイジ・サイエンス」が主張する「新たなパラダイム」の中で、いかにしてタロットが理論化されていったか。
また、20世紀後半の「ヒューマニスティック心理学」から「トランスパーソナル心理学」の流れに合わせる形で、新たなタロットの「物語」ともいうべき「フールズ・ジャーニー」のコンセプトがいかにして生み出されたのか。
これらタロットの変容の過程を、アメリカやイギリスの当時の代表的なタロット本を取り上げながら見ていきます。

持ち物

●筆記用具
●ノート
●タロットカード(お持ちの方)

※タロットはお持ちでない方は必ずしも購入しなくて大丈夫です。

備考

※この講座は4階グランルームU教室にて行います。

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。
  • 10月1日以降に実施する講座については、新しい消費税率が適用されます。

この講座に関連のあるカテゴリー

最近チェックした講座

資料請求はこちらから お気軽にお申込みください

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。