1. NHKカルチャートップ >
  2. 青山教室
  3. > 絵画 > 水彩・ガッシュ・パステル・色鉛筆 > 【オンライン】永山裕子の水彩技法(3回)
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

【オンライン】永山裕子の水彩技法(3回)

講師
永山 裕子
  • 新規

人気講師による特別デモンストレーションレッスン!

【本講座申込者に限り、1週間の見逃し配信サービス有(別途案内)】
日本画や油画のように 、絵の具や道具の使い方の手ほどきを受けなくても 、水彩画は絵の具と筆と水さえあれば誰にでも描くことができます。その簡単な道具とは裏腹に、描いてみると、意外や意外とても難しかったりします。
長年 油絵を描いている人も、水彩はやり直しがきかないので難しいといいます。形を捉え、明暗を見極めるまでは他の絵画と同じですが、 実際に透明水彩絵の具を使い、軽やかで透明感のある絵を描くことは 簡単なようでとても奥が深いのです。
そこで、まずどういう道具を揃え、どんな風にものを観察するのか、からスタートします。

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名青山教室残 席
開催期間10/17〜12/5曜日・日時土曜 10:00〜12:00
回 数3回途中受講できます
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 13,200円
一般(入会不要) 13,200円

日程

×2020/10/17(土)
2020/11/07(土)
2020/12/05(土)

10/17(りんごを描く)
水彩用具の使い方の説明の後、りんごを描きます。鉛筆による下描き、構図とは何か、観察するポイント、絵の具で色を塗るをレクチャー。こんな初歩的なことはわかっている、もっとテクニックを学びたいと思われている方、もう一度基本に立ち戻ってみませんか。
11/7(ガラスのコップにいれた秋の花)
コップなど、静物画には欠かせない器の形、楕円形のとらえ方を学び、背景はどう描いたらよいかもお話します。
12/5(お皿に載せた果物とキャンドル)
モチーフの数を増やし、前回の楕円形の復習をかね、大きめのお皿を描きます。マスキングインク、メラミンスポンジの使い方を学びましょう。

持ち物

●PC、タブレット(LANケーブルもしくはwi-fiに接続し、通信環境の良いところから参加してください)
●イヤホンをおすすめします
●ビデオ会議ツールZoomアプリ
(インストール方法は「オンライン講座受講前の準備」ページをご覧ください。)
https://www.nhk-cul.co.jp/misc/onlinecourse_guide/

備考

@各回、前日までにZoomへの「招待メール」をお送りします。
A講座時間の10分前よりZoomに入室いただけます。
B講座の撮影、録画、録音をすることは禁止です。
◆お問い合わせ先 info.aoyama@nhkcul.co.jp
◆本講座申込者に、各回実施日の1週間後を目途に、見逃し配信の案内をお送りします。

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
    ※オンライン講座の見学、体験はできません。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。

この講座に関連のあるカテゴリー

最近チェックした講座

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。