1. NHKカルチャートップ >
  2. オンライン教室
  3. > 教養 > 文学 > 【オンライン】1年で学ぶ教養 英語で読みたい!アメリカ文学
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

【オンライン】1年で学ぶ教養 英語で読みたい!アメリカ文学

講師
早稲田大学文学学術院教授、アメリカ文学研究者 都甲幸治
カテゴリー
  • 夜間

講師厳選のアメリカ文学の短編10作品を毎月1本ずつ、一緒に英語で読んでいきませんか。できるだけテキストを読んだ上でご参加ください。講座はすべて日本語で行います。講師による作品の背景や内容の解説、そして受講生も加えたディスカッションを通して、英語の名作を味わっていきます。大人になった今だからこそ、読みたい、語り合いたい名作ばかりです。●テキスト:Kasia Boddy ed. The New Penguin Book of American Short Stories: from Washington Irving to Lydia Davis. Penguin Books, 2011.各自、書店やネットでお買い求めください。(kindleでも可)。Amazonで購入の場合はこちら→ <https://amzn.to/3vMH7DV>

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名オンライン教室残 席
開催期間6/16〜3/16曜日・日時第3水曜 19:30〜21:00
回 数10回途中受講できます
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員・一般(入会不要) 39,600円

日程

×2021/06/16(水) Washington Irving, “The Little Man in Black”(1807)
2021/07/21(水) Nathaniel Hawthorne, “Young Goodman Brown”(1835)
2021/08/18(水) Edgar Allan Poe, “The Tell-Tale Heart”(1843)
2021/09/15(水) Sherwood Anderson, “The Untold Lie”(1917)
2021/10/20(水) Ernest Hemingway, “Out of Season”(1923)
2021/11/24(水) 第4週、Flannery O'Connor, “A Late Encounter with the Enemy”(1953)
2021/12/15(水) John Cheever, “Reunion”(1962)
2022/01/19(水) Raymond Carver, “Collectors”(1975)
2022/02/16(水) Richard Ford, “Communist”(1985)
2022/03/16(水) Jhumpa Lahiri, “The Third and Final Continent”(1999)

持ち物

●テキスト:Kasia Boddy ed. The New Penguin Book of American Short Stories: from Washington Irving to Lydia Davis. Penguin Books, 2011.各自、書店やネットでお買い求めください、(kindleでも可)
●PC、タブレット●必要があればイヤホンやヘッドセット●ビデオ会議ツールZoomアプリ

備考

@受講前にHP記載【オンライン講座受講前の準備】ページに沿ってZoomをインストールしてくださいA講座前日までに「招待メール」を、お送りしますB講座時間5〜10分前よりご入室いただけます

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
    ※オンライン講座の見学、体験はできません。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。

この講座に関連のあるカテゴリー

最近チェックした講座

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。