1. NHKカルチャートップ >
  2. オンライン講座
  3. > 教養 > 芸術・文化 > 日本美術史の中の女性
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

 日本美術史の中の女性

講師
慶應義塾大学名誉教授 林 温
  • 夜間

日本美術の流れのなかで、女性はどのように表されてきたでしょうか?ヴィーナスや聖母像に彩られた西洋美術に対して、日本美術では「女性」を主題にした作品は少ないように思われるかもしれません。しかし、遺された女性像を探り、そこに秘められた思いとこころを解きほぐすことによって、ひとつの女性史を語ることができるでしょう。縄文時代の土偶から江戸時代の浮世絵まで、各回ごとに、顕著に日本的特質を示していると思われる作品群を選び、それらがどのような背景をもって、どのように、あるいはどのような思いをこめて制作され鑑賞されたのか、日本美術の底に流れる信仰・思想・感情等々を読み解いていきます。

  • 《普賢十羅刹女像》(奈良国立博物館)

  • 《天川曼荼羅図》(石山寺)

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名オンライン教室残 席
開催期間1/25〜3/29曜日・日時第2・4・5火曜 19:00〜20:30
回 数6回途中受講できます
受講形態オンライン
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員・一般(入会不要) 19,800円

日程

×2022/01/25(火) 縄文のヴィーナス 大女神(地母神)のかたち
×2022/02/08(火) 《源氏物語絵巻》と《平家納経》 平安貴族女性の感性と造形
×2022/02/22(火) 普賢十羅刹女像 貴族女性の信仰 のかたち
×2022/03/08(火) 弁才天の変貌 インド由来の河神から七福神のひとりへ
×2022/03/22(火) 道成寺縁起と熊野信仰  中・近世における女性の境遇と悲哀
×2022/03/29(火) 浮世絵 歌麿は何を表そうとしたのか?

持ち物

●PC、タブレット●必要があればイヤホンやヘッドセット●ビデオ会議ツールZoomアプリ

備考

【見逃し配信サービス対象】講座1週間後から7日間繰り返し視聴可。
@受講前にホームページ記載の【オンライン講座受講前の準備】ページに沿ってZoomをインストールしてください。
A登録のメールアドレスへZoomへの「招待メール」を、お送りします。
B講座時間の10〜5分前よりZoomに入室いただけます。

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
    ※オンライン講座の見学、体験はできません。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。

この講座に関連のあるカテゴリー

  • 残席状況は変動しますので、申し込み時には異なる場合があります。
  • ほとんどの講座は入会が必要です。
  • 新規 新しく始まる講座
  • 夜間 18時以降に始まる講座
  • 電話・窓口 電話か窓口にてお問い合わせください。

最近チェックした講座

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。