1. NHKカルチャートップ >
  2. 京都教室
  3. > 絵画 > 日本画・仏画 > 日本画に親しむ
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

日本画に親しむ

講師
日本画家 佐々木 真士
カテゴリー

鉛筆描写から着彩描写まで自由な発想で描きましょう。

この講座では、描きたいものを楽しく描きながら、日本画材の使い方や、日本画の表現技法を学ぶことができます。
まずは、モチーフを自由に選んでいただき、鉛筆と色鉛筆で写生をします。
(写生が難しいモチーフは、写真などを使用しても構いません)
それをもとに草稿を作り、水干絵の具や胡粉、岩絵の具を使って本画制作を行います。
初めての方にとって、日本画は難しく敷居が高いものに感じられるかもしれませんが、それぞれの思いに寄り添いながら、丁寧に指導を行っていきたいと考えております。

  • 宵月

  • 翡翠

  • 桃花

  • 桜花

  • 盛夏

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名京都教室残 席
開催期間4/8〜9/23曜日・日時第2・4木曜 13:00〜15:00
回 数12回途中受講できます
受講形態教室
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 41,184円 264円 

日程

×2021/04/08(木)
×2021/04/29(木)
×2021/05/13(木)
×2021/05/27(木)
×2021/06/10(木)
×2021/06/24(木)
×2021/07/08(木)
×2021/07/22(木)
×2021/07/29(木)
2021/08/26(木)
2021/09/09(木)
2021/09/23(木)

【個々人の進め方の例】
1.モチーフの写生(鉛筆・色鉛筆など)
2.草稿(小下絵、大下絵)
3.本画に転写、骨描き
4.下地作り(胡粉、水干絵の具など)
5〜6.着彩(水干絵の具)
7〜12.着彩(岩絵の具)

持ち物

≪初回の持ち物≫
スケッチブック(りんごが原寸大で描ける大きさのもの)、鉛筆(HB〜3B各1本)、練りゴム、花や果物など(ご自身が描きたいモチーフ)、水彩絵具

※梅皿、水入れ、新聞紙は当センターでご用意いたします。

※教材費は教室使用の膠代です。

※記載の日程・カリキュラムは変更になる場合がございます。

備考

【講師紹介】
2012年 第5回日経日本画大賞展入選、2013年第2回Artist Group-風-入賞(同2016・2017・2019)、2017年 第35回京都府文化賞奨励賞、2019年 Seed山種美術館日本画アワード2019入選など。

〇マスクの着用や手指消毒など、感染予防対策にご協力をお願いいたします。

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
    ※オンライン講座の見学、体験はできません。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。

この講座に関連のあるカテゴリー

  • 残席状況は変動しますので、申し込み時には異なる場合があります。
  • ほとんどの講座は入会が必要です。
  • 新規 新しく始まる講座
  • 夜間 18時以降に始まる講座
  • 電話・窓口 電話か窓口にてお問い合わせください。

最近チェックした講座

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。