1. NHKカルチャートップ >
  2. 千葉教室
  3. > 手芸・工芸 > 日本の手仕事・伝統工芸 > 原一菜の金繕い入門 【火曜午前】
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

原一菜の金繕い入門 【火曜午前】

講師
原 一菜【監修】
一菜会公認教授 白鳥 由加利

金繕いは、割れたり欠けたりした器を漆を使ってつなぎ合わせ、その上に金で蒔絵を施す工芸です。もとは職人の技ですが、実際にはそれほど難しいものではありません。普段使いの食器から美術品までご自宅の破損した器をお持ち下さい。美しくよみがえらせましょう。

■講師作成のカリキュラムに添って行います。特定の修復のみを指導する、といった個別指導はしておりませんので、ご了承の上お申し込みください。

講師ホームページ
<http://www.shiratoriyukari.flop.jp/>

日本ヴォーグ社「手づくり手帖 初冬号」
<http://www.tezukuritown.com/techo/#latestIndex01>

講師出演webマガジン
<http://www.shimicom.net>

  • ガラス器修復の講義は大変珍しいものです

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名千葉教室残 席
開催期間4/9〜9/10曜日・日時第2火曜 10:00〜12:00
回 数6回途中受講できません
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 21,578円

日程

×2019/04/09(火)
2019/05/14(火)
2019/06/11(火)
2019/07/09(火)
2019/07/30(火) 第5週 8/13振替
2019/09/10(火)

持ち物

・筆記用具
・ノート・エプロン
・セロハンテープ
・ティッシュペーパー
・サランラップ
■初回持参品:お手持ちの直したい器(陶器・磁器いずれも可)を出来るだけたくさんお持ちください。
欠け(大小問わず)・ヒビ・割れがあると基本の技術が習得しやすくなります。器の価値は不問です
■2回目以降:器ごとに下ごしらいを説明しますので、カリキュラムに沿ってご持参ください。

備考

■初回に道具セット(税込7,500円)とテキスト(1,944円)を販売します。教室で集金 ※赤漆・筆・小皿・カッター等の基本セット。その後、授業で準備頂くものをお知らせします
■講座は講師作成のカリキュラムに添って行われます。個別に特定の修復のみを指導する、といった個別指導はしておりません。

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。
  • 10月1日以降に実施する講座については、新しい消費税率が適用されます。

この講座に関連のあるカテゴリー

最近チェックした講座

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。