1. NHKカルチャートップ >
  2. 柏教室
  3. > 手芸・工芸 > 日本の手仕事・伝統工芸 > 原一菜の金繕い入門〜日曜日午後クラス
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

原一菜の金繕い入門〜日曜日午後クラス

講師
(監修) 原一菜
(講師)一菜会公認教授 白鳥由加利

 金繕いは、割れたり欠けたりした器を漆を使ってつなぎ合わせ、その上に金で蒔絵を施す工芸です。伝統職人の技法を丁寧に説明しながら、美しく仕上げられるよう指導します。
 普段使いの食器から棚にしまい込んだ美術品まで、ご自宅にある壊れた器をお持ちください。傷跡に新たな「美」を見出す日本の美意識にふれながら、思い出の品々をよみがえらせましょう。
 初心者のカリキュラムは基本6か月、応用編6か月の1年(12回)コースです。
 2年目以降は、直したい器に合わせて修復方法を指導していきます。

講師HP
<http://www.shiratoriyukari.flop.jp>

講師掲載雑誌
<http://www.tezukuritown.com/techo/#latestIndex01>

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名柏教室残 席
開催期間10/20〜3/15曜日・日時第3日曜 13:00〜15:00
回 数6回途中受講できません
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 20,592円

日程

2019/10/20(日)
2019/11/17(日)
2019/12/15(日)
2020/01/19(日)
2020/02/16(日)
2020/03/15(日)

持ち物

●直したい器(複数)
欠け(大・小)、ひび、割れのある物 *陶器・磁器を混ぜてお持ちください。
●筆記用具●ノート●ティッシュペーパー●エプロン●食品用ラップ(サランラップ・クレラップなど幅30cmまたは22cm)●セロハンテープ
【初回】
■道具セット代7,800円(税込)
(赤漆、筆、小皿、金・銀泥、カッターナイフ等)
テキスト代1,944円(税込)
※2回目以降の道具は進度に従って講師の指示により追加します。

備考

【カリキュラム】初心者のカリキュラムは1年で組み立てられています。
◆4月期優先継続期間(予定):2020年1月27日(月)〜2月16日(日)◆

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。
  • 10月1日以降に実施する講座については、新しい消費税率が適用されます。

この講座に関連のあるカテゴリー

最近チェックした講座

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。