1. NHKカルチャートップ >
  2. 町田教室
  3. > 文章・文芸 > 短歌・俳句・川柳 > 連句講座
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

連句講座

講師
俳諧師 南州庵 佛渕 健悟
季語研究会編集人 浅賀 丁那

連句は、複数の人で、五七五と七七を連ねて面白い情景や雰囲気を生み出していく即興の文芸(遊芸)です。こころを自由にする工夫によって、どなたでも得られる詩境です。江戸時代は「俳諧の連歌」、略して俳諧と呼ばれ、当時は俳人の表芸であり、松尾芭蕉の最も得意にした舞台です。連句の中で「俳諧」と「連歌」は別物ではなく、連歌の伝統や美意識をたて糸に、時代の新しい感性やことばをよこ糸で織りなすあそびで、連句はいつの時代でも現代に生きる者の詩です。俳句、川柳等の短詩系文芸をはぐくんだ連句の理論をまなびながら、自由に連句が作れるようになり、現代の俳諧師をめざしましょう。

  • 佛渕健悟先生

  • 浅賀丁那先生

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名町田教室残 席
開催期間10/5〜3/21曜日・日時第1・3・5土曜 10:15〜12:15
回 数11回途中受講できます
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 37,752円

日程

×2019/10/05(土)
2019/10/19(土)
2019/11/02(土)
2019/11/16(土)
2019/12/07(土)
2019/12/21(土)
2020/01/18(土)
2020/02/01(土)
2020/02/15(土)
2020/03/07(土)
2020/03/21(土)

講師略歴
○佛渕健悟(ほとけぶち・けんご) 俳号・雀羅。俳句を澤村昭代、連句を東明雅に師事。季語研究会同人。平成16年南州庵立机。『朱欒日和』(独吟歌仙百巻等/私家版)、『連句俳句季語辞典 十七季』(共著/三省堂)、『五七語辞典』(共著/三省堂)、『猫の国語辞典』(共著/三省堂)等。
○浅賀丁那(あさか・ていな) 季語研究会同人・編集人。俳諧コーディネーター。連句を東明雅に、俳句を下鉢清子に師事。「英語で奥のほそ道を読む会」、「俳諧しらかんば塾」主宰。2007年〜2009年、町田市民文学館主催「連句講座(初級・中級・上級)」講師。俳諧の茶事、笠着連句、国際連句の企画運営にも携わる。

持ち物

◆「連句俳句季語辞典 十七季」(東明雅他編著/三省堂)2,700円・・・講座日に教室内での販売もございます。

◆国語辞書(何でも可)
◆筆記用具

備考

【概説のテーマ】連句とは/発句と平句/付けと転じ/式目と作法/月の句/花の句/恋の句/題材の分類/俳諧の文体/三法七名八体/連句の形式/連句鑑賞/芭蕉・蕪村・一茶の連句/連句興行 等

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。
  • 10月1日以降に実施する講座については、新しい消費税率が適用されます。

この講座に関連のあるカテゴリー

最近チェックした講座

資料請求はこちらから お気軽にお申込みください

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。