1. NHKカルチャートップ >
  2. 梅田教室
  3. > 教養 > 文学 > 説経「あいごの若」の世界〜比叡山を舞台にした美少年の涙の物語〜
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

説経「あいごの若」の世界
〜比叡山を舞台にした美少年の涙の物語〜

講師
大阪市立大学名誉教授・神戸女子大学名誉教授 阪口 弘之
カテゴリー
  • 新規

説経は、「愛別離苦」「漂泊流浪」を主題として、涙なくしては語れません。
主人公らの想像を絶するばかりの哀しみの境涯が、日本人の心をゆさぶり続けてきました。日本人の心の原点に立つ物語です。
今回の講座は『山椒太夫』(安寿とつし王の物語)に続けて、比叡山の山王大権現縁起ともいうべき『あいごの若』を、説経特有の語り口調にも注意しながら、原典で読み解いていきます。継母が継子を恋するという物語ですが、『しんとく丸』にも通じて説経の代表作の一つです。
(途中からの受講、体験受講も随時受け付けています)

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名梅田教室残 席
開催期間4/19〜9/20曜日・日時第3月曜 10:30〜12:00
回 数6回途中受講できます
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 19,932円

日程

2021/04/19(月)
2021/05/17(月)
2021/06/21(月)
2021/07/19(月)
2021/08/30(月)
2021/09/20(月)

【講師略歴】阪口弘之(さかぐち・ひろゆき)1943年滋賀県生まれ。金沢大学法文学部卒。73年大阪市立大学大学院文学研究科博士課程満期退学。91年に古浄瑠璃史研究により博士(文学・大阪市立大学)。大阪市立大学大学院教授を経て2006年定年退職・名誉教授。この間、ハンブルク大学客員教授や21世紀COE拠点リーダー、国立劇場・大阪府・大阪市等の専門委員を歴任。その後神戸女子大学教授に就任し、同大学古典芸能研究センター長等を務める。2013年に退職・名誉教授。現在、同センター客員研究員。専門は日本近世文学、浄瑠璃が対象で、近松門左衛門研究の第一人者

持ち物

ノート、筆記用具

※資料は講師が用意します。

備考

【講師主な著書】『古浄瑠璃・説経研究 近世初期芸能事情』上下2巻、和泉書院2020、新日本古典文学大系『古浄瑠璃 説話集』岩波書店1999


■10月期優先継続期間:8/1〜8/31予定
※感染拡大防止のための教室配置にご協力ください。
※原則として、講座中もマスクの着用をお願いいたします。

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
    ※オンライン講座の見学、体験はできません。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。

この講座に関連のあるカテゴリー

最近チェックした講座

資料請求はこちらから お気軽にお申込みください

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。