1. NHKカルチャートップ >
  2. 京都教室
  3. > 教養 > 歴史 > 女王卑弥呼の人物像に迫る 〜遺跡から読み解く邪馬台国〜
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

女王・卑弥呼の人物像に迫る
〜遺跡から読み解く邪馬台国〜

講師
元名古屋女子大学教授 丸山 竜平
カテゴリー

●講師のことば●
今期は「女王・卑弥呼の原点」を探っていきたい。
ヒミコ、日の御子とは、日の巫女のことであろうか。

早くに起源をもつ太陽信仰・崇拝を背景とした、「日の御子祭祀集団」なる宗教集団。
その弥生後期における興起が、近江野洲川流域を基盤にして成立拡大し、原始共同体解体・原始国家の形成時に過渡的国家を担うこととなった。

この集団が国家形成の要素として育んできたのは、太陽信仰・火の神信仰と、その儀礼ならびに穀霊・豊穣信仰儀礼、さらには水の信仰儀礼であったようだ。

こうした祭祀儀礼が、如何に古墳祭祀とつながるのか。
弥生後期の考古学的な資料によりながら、紐解いていく。

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名京都教室残 席
開催期間4/18〜9/19曜日・日時第3月曜 10:30〜12:00
回 数6回途中受講できます
受講形態教室
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 19,932円

日程

×2022/04/18(月) 倭の太陽信仰以前 ―祈る土偶から神観念を探る―
×2022/05/16(月) 環状列石と環状木柱遺構 ―太陽崇拝と陽光土器―
×2022/06/20(月) 弥生時代の霊魂観と近江の墓前生殖祭祀
2022/07/18(月) 近江野洲川流域の台頭 ―大和の外縁―  ※祝日営業日
2022/08/29(月) 卑弥呼共立前夜 ―伊勢遺跡の成立― ※5週目
2022/09/19(月) 太陽の国・近江と卑弥呼共立母体  ※祝日営業日

持ち物

筆記用具、資料コピー代(1枚10円)

備考

○マスクの着用や手指消毒など、新しい生活様式における感染予防対策にご協力をお願いいたします
〇ご本人やご家族などの発熱や体調が優れない場合はご受講をお控えください
〇教室の変更や通常と異なる配置で実施させて頂く場合があります

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
    ※オンライン講座の見学、体験はできません。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。

この講座に関連のあるカテゴリー

  • 残席状況は変動しますので、申し込み時には異なる場合があります。
  • ほとんどの講座は入会が必要です。
  • 新規 新しく始まる講座
  • 夜間 18時以降に始まる講座
  • 電話・窓口 電話か窓口にてお問い合わせください。

最近チェックした講座

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。