1. NHKカルチャートップ >
  2. さいたまアリーナ教室
  3. > 教養 > 芸術・文化 > パリの建築と町の魅力−近世のロココ様式から現代建築運動まで―
  • 教室トップ
  • 受講に際して
  • お申し込み方法
  • お問い合わせ

パリの建築と町の魅力−近世のロココ様式から現代建築運動まで―

講師
工学院大学建築学部准教授 中島 智章
カテゴリー

【講師のことば】
フランスは、大きな戦争や内乱がおきた低調な時代はあったものの、古代から現代にいたるまで、ヨーロッパ建築の歴史のなかでも優れた建築をコンスタントに生みだしてきました。とくにパリは中世の早い時期から首都として発展し、ノートル・ダム大聖堂やルーヴル宮殿、旧オペラ座など、中世以来の様々な時代の名建築の宝庫です。先日のパリのノートル・ダム大聖堂火災を受けての拙著「図説パリ」の増補版刊行という機会もあり、本講座ではヨーロッパ全体の建築史と関連付けながら、近世から近代までのパリを中心としたフランスの建築の歴史をたどります。

  • パレ・ガルニエ(旧オペラ座)の観客席

  • 前へ
  • 次へ

講座の詳細

教室名さいたまアリーナ教室残 席
開催期間4/8〜9/2曜日・日時第1木曜 13:30〜15:00
回 数5回途中受講できます
コース受講料(税込み)教材費(税込み)
会員 15,455円 275円 

日程

×2021/04/08(木) フランス宮廷の建築ーロココ様式から帝政様式まで
×2021/05/06(木) ノートル・ダム大聖堂の修復―ゴシック建築の復活―
×2021/06/03(木) 旧オペラ座―ナポレオン3世の都市計画―
2021/07/01(木) エッフェル塔―万博の熱気―
2021/09/02(木) アール・ヌーヴォーとアール・デコ

持ち物

筆記用具

テキストとして講師作成のプリントを配付します(教材費:テキストコピー代)

※この講座は、原則6階606教室にて行います。

備考

◎講師プロフィール◎
1970年福岡生まれ。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了。博士(工学)。日本学術振興会特別研究員(PD)などを経て、2013年4月現在、工学院大学建築学部建築デザイン学科准教授、早稲田大学大学院文学学術院非常勤講師。2005年日本建築学会奨励賞受賞。

  • ほとんどの講座は見学でき、講座によっては体験受講ができます。詳細は教室までお問合せください。
    ※オンライン講座の見学、体験はできません。
  • [入会不要]マークがついたコースは、入会しなくても受講できます。
  • 入会金については、各教室ホームページの「受講に際して」をご覧ください。
  • 残席状況は変動しますので、申込時には異なる場合があります。
  • この講座を初めて受講される場合は、終了している回数分の受講料はいただきません。

この講座に関連のあるカテゴリー

最近チェックした講座

最近チェックした講座

もっと見る

NEW 新しくはじまる講座

講座のカテゴリーから探す

気になるキーワードランキング


  • 深夜1時〜4時は、講座情報更新のため一部の機能の利用ができません。
  • 毎週水曜21時30分〜4時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。
  • 毎月1日深夜1時〜5時は、メンテナンスのため一部の機能の利用ができません。

NHK関連サイト

※下記のバナーをクリックするとNHKカルチャーを離れます。